マジックコーヒー、スカイフルーツ、精力剤、早漏防止、タイ

■ホーム ■ショップ ■ネットワーク ■個人輸入が不安な方へ  ■お問合わせ
個人輸入について ※必ずご理解の上ご利用ください
・個人輸入代行とは、お客様が個人で海外の製品を輸入する手続きを、私ども代行業者がお客様に代わって行うものであり、当サイトがお客様に直接販売、発送しているわけではございません。個人輸入は、自己責任での製品輸入となります。個人輸入した製品にかかる不利益が発生した場合は自己責任となります。輸入代行する商品について十分な知識をもって輸入の代行を依頼してください。
・当サイトで取り扱っております商品は全て海外商品となり個人輸入扱いとなります。個人輸入した医薬品やサプリメントのインターネットオークションなどによる転売・譲渡は法律で禁止されていますので、行わないでください。
・ご依頼頂きました商品についてのトラブルは自己の責任において、輸入及び使用の判断、服用、管理し、万が一服用上いかなる問題が起きても当店は一切の責任を負いません。当店は個人輸入のお手伝いをするのみで、当店の責任はお客様に代わって現地への発注から、商品がお客様のお手元に届くまでとなっております。もちろん商品は本物の商品をお手元に確実にお届けをいたします。
・個人使用の範囲を超えての輸入代行はお受けできませんので、ご了承の程お願いいたします。法人にて一旦、個人輸入してお手元に届いたものを転売などを行った場合は薬事法違反などにて罪に問われますので、絶対に行わないでください。 尚、個人輸入してご自身で使用するものは法律でも認められておりますので、全く問題はございません。
・当店では現地との連絡および手続きのみを行い、商品に付いての詳細内容については関知しておりません。当店ではこの商品の事を充分に御理解いただいている方に対し、個人輸入を代行しております。
・表示価格は海外からの送料・輸入代行手数料、国内送料込みの価格で全て込み価格となっております。つまり、ほとんどのケースにてホームページの表示価格を当店にお振込みを頂くだけでそれ以外のお支払いはございません。では、そのほとんどのケースに該当しないものはと言いますと、高額商品でごく稀に商品受け取り時に¥1,000前後の関税がかかるくらいです。(関税につきましては下記にてご説明をしておりますので、ご参考ください)
・個人輸入の性格上、PL法、クーリングオフは適用外とさせていただきます。
関税について
稀に高額商品の場合、関税が必要となるケースがございます。関税は、お客様ご自身で配達係員にお支払ください。関税がかかる場合は郵便局の配達員よりお届けの際に直接請求されます。ほとんどの場合は¥1,000以内のお支払いとなっております。この関税は当店への支払いではなく、国へ支払う税金となっておりますので、お支払いを頂かないと商品のお受け取りができません。尚、現在ほとんどの商品は関税はかかりませんが、今後の税関の対応によって関税がかかる商品が変わる場合もございますのでご了承の程お願いいたします。
個人情報取扱いについて
・当店は御客様のプライバシーには特に気をつけております。メールアドレスを含む個人情報は当店内にて個人情報管理者にて厳重に取り扱っておりますので、ご安心ください。尚、発送の際に必要な情報につきましては(お名前、ご住所、郵便番号、お電話番号)につきましては発送の際の宛て先記入が必要となりますので、発送元に伝えております。発送元に伝わった個人情報につきましても発送元の個人情報管理者にて厳重に扱い、一定期間が過ぎれば破棄するようにしております。またファイル交換ソフトなどは当店はもちろん発送元などのパソコンへのインストールや使用は一切行っておりません。
ご入金の際の注意事項
・商品代金をご入金後のキャンセルや商品変更は出来ません。(お客様からのご入金を確認次第、発送元に商品の手配と同時に商品代金も入金しております関係上、ご入金後のキャンセルは承っておりません。尚、入金前のキャンセルは可能となっております)
商品到着の際の注意事項
・複数個の商品をご注文の場合は、通関の関係で分割して出荷する場合があります。(まとめてお送りすると通関の検査で止まってしまい、結果お客様の元にお届けするのが大幅に遅れてしまう為)
・輸送途中の破損、変質(例:液体が漏れていた等)は良品を再度発送させていただきます。尚、お届けした箱が少しへこんでいたなどの若干の荷崩れはご了承の程お願いいたします。
・万が一税関で商品が止められた場合、「通関手続きのお知らせ」というハガキがきます。その際はすぐに当社に詳細を御連絡下さい。通常は問題なく通関できますが、係員により判断はまちまちで、稀に輸入を止められる場合もあるので、その際は一度現地に返送して、再度発送となります。税関に受取拒否のため、タイまで返送するよう連絡して下さい。お客さま自身で開示要求書や税関への呈示検査承諾書へのサインは拒否して下さい。サインをされますと、現地に返送されず廃棄処分となってしまいます。まずは税関からハガキなどが届きましたら、当店までご連絡をお願いします。ハガキが届きましても適正に処理をすれば全く問題はございません。